カテゴリ:ゲーム > path of exile

とりあえずPOEのレースに参加してきたので報告

まずはクリエイト画面から

SnapCrab_NoName_2016-11-5_5-43-42_No-00
 
 このようにレース開催前になると、通常のキャラ選択の窓の下にレース参加申し込みの窓が追加されます。
開幕30分前からjoinのタブがアクティブになり、キャラクリエイトが可能になります。

SnapCrab_NoName_2016-11-5_5-44-5_No-00
 
今回はshadowで参加することに。
ブログでは登場していませんが、shadowは結構触っているキャラです。
見た目と性能が好みです。(性能はツリーの進み方で全く違うものになるんですがねw)

名前はTiger_Shosa
ちょっとジャッキー映画っぽい名前にしてみましたw
アクロバティックな男ですから・・・

と、ここからレース中の話に移りたいのですが、諸事情がありレース中はスクショ撮影する暇がありませんでした。
なので文字のみでできる限りのことを書きたいと思います。


レースとは何ぞや?

まずレースとはなんなのか?ということですが、正直僕も良く分からないまま参加しました。
が、待機画面ではグローバルチャットが可能なのでそこで外人の会話を見てある程度の詳細を知ることができました。
トランプの話題ばかりで盛り上がっていましたが、中には初心者に対しても良心的なプレイヤーがいるんですねw

僕が参加したMistress Of Flame Kill というレースは、専用MAPを突き進み、一番最初にMistressを討伐したプレイヤーに豪華な賞品を与えるというものだったみたいです。
制限時間は1時間で、Hardcoreで挑戦になります。よって死んだら即終了ですね。

ちなみに公式フォーラムによるとレースに参加したプレイヤーは到達レベルによって参加賞が与えられるっぽいです。
しかし、それぞれのレースはある程度独自の仕様で進行するようなので今回のレースにもそれが適用されているかはちょっとわかりません^^; 


レース開幕!

さて実際のレースの内容。
 
時間になると硬直させられていたPCが自由に動けるようになります。
スタート地点に置かれたchestには基本的な武器とスキルジェムが入っていました。
shadowの場合、杖2個、ダガー2個、lightning tendrils,ethereal knives,freezing pulse,fire trapが入っていましたね。

今回は両手ダガーのdex重視、evation特化で挑んでみることにしました。

とりあえず第一エリア、act2で登場したモンスターとの戦いになりますが、強さはレベル1のキャラでも対応できるようくらいに調整されています。
fire trapで燃焼状態にしつつ、遠くから投擲スキルでチクチク。
地味ですが、ほとんどダメージも受けずに堅実に進んでいました。
途中でdual strikeを拾うことに。これにより殲滅速度が劇的に上昇したのですが、それが仇となりました。

第二エリアでは骸骨の哺乳類のモンスターが出現、こいつらはact1が初出だったかな?

dual strikeを振り回しつつ敵陣に突撃!
しかし、敵の攻撃力が予想よりも高くなっており、返り討ちに。
レベル3でレース敗退となりました。


・・・いや、ひどいね^^; 

正直記事にしてみるのもどうかと思ったんですが、最初のレースだったのと、開幕前の新鮮なワクワクを伝えたくて書いてみました。

やっぱハードコアだと遠距離主体のビルドで挑戦したほうがいいかもですね。
次回はwitchかrangerあたりで挑もうかしら。 


ちょっと短いけど今回の記事は以上で 


ゲーム ブログランキングへ

ドク・ハリウッドという映画を見ました。
マイケル・J・フォックス主演の恋愛物で、上品なコメディタッチの映画でした。

冒頭でヒロインが素っ裸で水浴びをしているシーンがあるのですが、全く嫌らしさを感じないのが不思議でした。

これが小説だと、乳首なんかが描写されたらその部分に釘付けになってしまいます(僕だけかな?w)。
受け手の脳内フィルターを介さずに直接イメージを伝えられるのが映画の良さだなと思いました。 



poeについて

なんかKARATYさんが凄そうなアイテム拾ったので紹介

SnapCrab_NoName_2016-10-27_10-33-35_No-00

SnapCrab_NoName_2016-10-27_10-34-39_No-00

Belt of the deceiverは腰装備で、被critical damageを30%減少&格属性耐性を10%ずつ上昇させるという能力
Mark of the doubting knightはクリティカル特化のdaggerっぽいです。というか攻撃力からしてやばいです。

このゲーム、ユニークアイテムの中にも4段階のランクがあるのですが、どうみても上から数えたほうが早いであろう強アイテムですね^^;
なぜyaukoさんじゃなくてKARATYさんが拾ってしまったのか・・・

ついでに以前撮り忘れていたラスボスのスクショを

SnapCrab_NoName_2016-10-27_2-37-58_No-00

うん。どう見ても成功とは言い難い出来のスクショですね。

わかりにくいですが、真ん中左の白い部分が頭部で、黒い部分が胴体です。
人型っぽい形をしていて、ザ・悪魔って感じでした。 


最後に現在聴いている曲を紹介



歌詞はぴんとこないんですが、メロディがとってもお気に入り。

今回の記事は以上で

読了ありがとうございました。

 
ゲーム ブログランキングへ

SnapCrab_NoName_2016-10-26_3-1-33_No-00

今までwin7据え置きの機能でスクショを撮っていたのですが、このたびsnap club for windows というソフトを導入しました。
範囲指定もできて見苦しくなくいい感じ。 

上のスクショはfall out:new vegasのものです。
この人どこかで見たことある・・・?



poeについて

cruelを進めるのが結構つらいです^^;
死んだら経験値が7.5パーセント下がるのが結構きついw

KARATYさんはほぼ1stキャラみたいな感じで適当にビルドしてたので、ここらで新キャラに着手することにしました。
ついでにリーグも人口の多いessenceリーグで始めることに(KARATYさんも元々essence hardcoreだったのですが、9レベルで死んだためその後はstandardリーグに飛ばされてます)


というわけで新キャラの顔見せ


SnapCrab_NoName_2016-10-26_4-44-58_No-00

新キャラはwitchのyaukoさん
yokoとしたかったのですが、既に使われている名前だったので苦肉のネーミングです。

witchは幸薄そうだけど結構美人だなと思います(洋ゲー脳)


今回は計画的にビルドを組み立てようと思っているのですが、その中心になるのが次のスキル

SnapCrab_NoName_2016-10-26_4-55-41_No-00

 cast on critical support
このサポートジェムは、アタックスキルで攻撃した際クリティカルが発生する度にリンクされたスペルスキルを発動するというもの 

このスキルを使うことによって、クリティカルを極限まで高めれば圧倒的な速度で魔法を連発し敵を殲滅できるようになります(多分) 

というわけでクリ率を確保するためにメイン武器はナイフを使うことになりますね。
パッシブもshadowのエリアに進出してナイフ強化関連のものを多く取得する予定。


最後にレベル11現在のパッシブツリー状況を


SnapCrab_NoName_2016-10-26_5-4-51_No-00


今回の記事は以上で

読了ありがとうございました

 
ゲーム ブログランキングへ

the policeの曲をyoutube聴いていたらリンク先でいい曲を発見



イギリスのパンクバンドでparamoreっていうらしいです。「ぱらもあ」って読むのかな?
しっとりした曲だけど多分ラブソングではないと思います、多分。



今日はpoeの、珍しくしっかりした話、ビルドについて

レベルが上がってきて使用可能なパッシブポイントが多くなったので、本格的にビルドについて頭を悩ませるようになってきました。

ビルドを考える上で問題になるのは大まかには次の3つの点です。

①耐久性
②マナ管理
③攻撃スタイル

①について

耐久性にはいくつかの選択肢があります。
・Life-Armour型
・Energy seild型
・Evation+α型 
・LIfe leech型(攻撃ダメージの一部をLifeに変換する技能)

実際にはこれらの組み合わせになると思いますが、大別すると上のようになりますね。

②について

マナ管理についても同じように
・Flask型
・Mana leech型
・Mana regeneration型
・Blood magic型(Manaを0にしてManaの代わりにLifeをコストにスキルを使用する。サポートジェム、パッシブスキルなどによって獲得される技能)
のように分けることができます。 

で、③について 

ビルドを考える基点というのは常にここになると思われます。
つまり、物理でいくか、魔法でいくか、トーテム・ミニオンを利用するのか?
物理ならば、両手持ちなのか、二刀流なのか、片手武器+盾なのか?
獲物は剣、弓、メイス、斧、杖、ダガーのどれにするのか? 
属性は火or氷or雷or無属性?

自分のやってみたいスタイルor所持しているアイテム&ジェムから強力でありそうなスタイルが先にあって、それにすり合わせるように①、②を考えるとビルドが組み立てやすくなるんじゃないかな?

まぁpoeのパッシブツリーは巨大なので、とりあえず1,2キャラは様子見としてプレイしないとうまく組み立てられる気はしませんがw


46レベル現在のKARATYさんのパッシブツリー状況がこちら

 KARATYパッシブ @46


光っている部分がアクティブになっているパッシブスキルです。
概ねtemplerのエリア内でおさまっていて、特に面白みのないビルドを構築中w 

①についてはLife-Aormour型にLife leechを組み合わせています。
②は消費が少ないのかそれほど手を付けてなくても良いのが現状。一応Mana regenerarion型。
③は両手持ちメイスの火属性物理とトーテム&ゴーレムの併用に落ち着きました。

メインスキルはmolten strike-life leech-multistrike
サブスキルがinfernal blow-fire penetration-mellee physical damage-fortify-elemental focus
オーラはvitalityとherald of ash
トーテム&ミニオンが decoy totemとflame totemとsummon flame golem

サポートジェムのfire penetrationはイマイチな気もするので、こっちもmultistrikeに切り替えるか思案中です。


実はact4もクリアしてnormalのラスボスも撃破したんですが、夢中でプレイしていたためにスクショを撮り忘れてましたw

normalをクリアすると難易度cruelが解禁、同一キャラのままでact1からのマップを高難易度でプレイしていくことになります。自キャラの各耐性が-20%されているのと、一部クエスト報酬がグレードアップしているそうです。

まだまだKARATYさんとの付き合いは終わりそうにないです。さっさと他キャラも触りたいのにねw


今回の記事は以上で。

読了ありがとうございました。


 
ゲーム ブログランキングへ

英語の勉強をしている時に、次の文章が気になったので紹介
 
 0ur species is the only creative species, and it has only one creative instrument, the individual mind and spirit of a man. Nothing was ever created by two men. There are no good collaboratins, whether in music, in art, in poetry, in mathematics, philosophy. Once the miracle of creation has taken place, the group can build and extend it, but the group never invents anything. The preiousness lies in the lonely mind of a man.
-JOHN STEINBECK,East of Eden 

この文章の要点をまとめると、人間は誰かと協力することによって何かを創造することはできない、他人とは違う個人の孤独な精神の中から新しいものは作られる、ということになります。(多分)
前後の文章は手持ちにないので確かなことは分かりませんが、恐らく哲学の思想や、文学や音楽といったそういう創作物に対しての文章だと思われます。

この文章をなぜ取り上げたのかというと、実は文の内容に感動したから、というわけではありませんw
この文章を声に上げて読み上げてみると調子がよくて気持ちいいな、と思ったからです。

英語って対句が多く用いられるからか、韻を踏んだ文章が多くてかっこいいんです。 
こういう言語だと演説とかも様になりそうでちょっとうらやましいなと思ったりw 



では相変わらず孤独にプレイしているPOEについて 

ただいまのKARATYさん


へ、変態だー!!

イメチェンしたKARATYさんですw
これ完全に視界がシャットアウトされてますよねw 

実はact2を軽々突破して、act3まで到達しました。
その間にあったことをダイジェストでまとめたいと思います。

まず、act2のbossとの戦い

vaal oversoul
 
vaal over soulという名前の機械人形がact2のboss
このゲーム、vaalっていう名前が良く出てきます。
ストーリーまったく気にしていないのでなんのことかは分かりませんが、vaalというのがゲーム中での重要な単語のようですね。
よくマンガとかの題材になってる悪魔のバールと関係あるのかな?w

vaal over soulは、はっきりいって雑魚でしたw
拍子抜けしつつact3へ

act3 到達
 
act3は廃墟の町からスタート
これまでと違っておどろおどろしさはなく、僕的にはうれしかったり。

この頃のKARATYさんはまだ歴戦の戦士といった風貌です。 

act3の間に二つのユニークアイテムを拾うことができました。

ondar's clasp
cragehad
 
evation&shild系手袋に矢筒^^;
これはKARATYさんにもたせることはできませんねw

それでも地道にレベリング&ジェム強化をしつつact3のラストダンジョンを突き進みます!

 scion

隠しキャラのscionを救助!
アップでみて初めて気付いたけど、scionって女性のようですね。

しかし、上の絵面だとKARATYさんが尋問につれていく牢番にしか見えません。

scionがいかなる理由で捕らえられていたのかは定かではありませんが(ストーリーを無視しているため)、彼女と別れた後、act3のbossの待つ塔の屋上へ進みます。

敵はgod

これまでのactとは明らかにクオリティが違うboss stage
左上で見切れてるのがbossですが、その前に敵の大群を処理する必要があるみたい。

あ、スクショ撮ってる間に一回死にましたw
さすがに強かった・・・

降りてきたbossは更に強かった!!
totemを出しつつ、強烈な遠距離魔法攻撃を繰り出してくるboss
名前にhigh templerとついていたのでKARATYさんの上位クラスにあたるのかな?
ちなみにスクショは撮ったのですが、保存するのを忘れるという失態をおかしてしまいましたw

何度かportalを開いて街で補給をしつつ、bossの撃破に成功!
と、思いきや・・・?

第2形態
 
第2形態がありました。
ただの化け物ですねw

更に激しい攻撃を繰り出してきましたが、こっちはtotemを出さないのでdecoyを召還しつつ後ろから殴っていれば簡単に倒すことができました。

第2形態になると大味になって弱体化するってありがちですよね^^;


といった感じでact3制覇!
そのときのKARATYさんのステータスがこちら

現在のKARATY2

相変わらずintとstrの両方が高めになる謎ステータス。
templerだと普通なのかな?

使用していたスキルは,攻撃スキルのgracial hammer, ground slum、オーラスキルのvitality, herald of thunder、totemスキルの,flame totem, decoy totemあとvaalスキルのvaal lightning strikeでした。

最強スキルはなんといっても2種のtotemでしたねw
パッシブツリーを見てみるとtemplerはtotemを強化するパッシブスキルにも恵まれていたみたいです。totemをだしつつ圧倒的な耐久力でしのぐっていうのがtemplerの基本的なビルドなのかも?


長くなりましたが、今回の記事は以上で

読了ありがとうございました。

 
ゲーム ブログランキングへ

↑このページのトップヘ