カテゴリ: 小説

恋愛を題材にした創作物は数多く存在します。
小説、映画、音楽、アニメーションのどれにおいても、ちょっと考えればすぐに「恋愛もの」の傑作を重い浮かべることができるのではないでしょうか。


芥川龍之介の作品のなかで次のような言葉がありました。

「恋愛はただ性欲の詩的表現を受けたのもである。」

この言葉の意味するところはまぁ、そのままだと思います。性欲→恋愛という一種の言い換えのであるということですね。 


この言葉を聞いたとき、僕はなんだか納得したような気持ちになりました。

僕は、自分ではたいして性欲の強い方ではないと思っています。(ただし笑いのネタとしての下ネタは結構好みますw)そのまま、恋愛というものに対しても疎い方で、思春期の頃はともかく、現在では異性と心を通わせることにそれほど憧れを抱くこともありません。

しかし、「恋愛もの」の創作物に対して興味がないかというと、そうでもありません。

このことに自分でも違和感を感じていたのですが、この「詩的表現」という言葉によってある考えを思いつきました。


優れた「恋愛もの」の創作物の中にある「恋愛」というのは性欲の言い換えには留まっておらず、芸術としての美しさを放つ新しい概念として昇華されているのだろう、と。


現実の恋愛とはちょっと異なった価値観としての「恋愛」であるために、そのことに対して直接的な興味を持っているわけでもない人間でも楽しむことができるのですね。



独善的かつ長ったらしい前置きでした^^;

今日は『ファインマン物理学』という本について紹介したいと思います。

_AA210_


・・・物理学の本ですw

これは、ファインマンというノーベル賞を獲得した物理学者が、UCLA(カリフォルニア工科大学、MITと並ぶ世界トップの工科大学)の物理学部に通うまだ二十歳そこそこの青年達に対して行った講義を本におこしたものです。

ファインマンという人は大天才なのですが、とてもユーモアがあり、魅力的な人間でもあったそうです。ただ天才的な科学者にありがちなことに、自分の専門分野のことになると熱くなって宇宙に飛んで行っちゃうという悪癖を持っていたみたいですねw

この講義もその例にもれず、最初に聴講していた学部生はしだいにサボるようになり、最終的には面白がった院生や講師の方ばかりが出席するようになったそうです^^:


さて、なぜこの本を紹介したかというと、それはこの本が知識欲を芸術とよべる程の価値観にまで昇華させているな、と感じたからです。それも物理に対して前知識のない人間に対しても通用するほどのレベルに。

この本は怪しげな新書のように、物理の言葉だけを借りて読者を啓蒙するような内容ではありません。
それどころか、大学レベルの物理学の勉強にも通用するほどにしっかりとした内容です。

だけど、面白いんですね。ただただ、面白い。
全6巻で相当分量があるのですが、僕は学生の頃に、1年くらいかけてなんとか読破した記憶があります。
読むこと自体が苦痛なのではなく、読むのにかかる時間が膨大すぎることがつらかったw

SFはある程度以上の物理の知識があったほうが面白いので、そのためにもこの本を読むのをおすすめします。

最後にファインマン先生の講義から一部を抜粋


 「もっとも印象的な発見の一つは、星をたええずもやし続けているエネルギーの源泉である。星を輝かせるのには星の中で核反応が起こっているに違いない、ということに考え付いた発見者の一人は、夜、彼女と外に出ていた。”なんて星がきれいなんでしょう”と彼女がささやく。彼はいった”そうだね、だけど星が何故光るのか、そのわけを知っているのは、いま世界中で僕一人だけなんだ”、それを聞いて彼女はニッコリするだけであった。何故星が光るかを知っているというただ一人の男とその瞬間にいっしょに歩いているということには、彼女は別段感興を示さなかった。たった一人というのはあわれなものである。しかし、この世界はそういうものなのである」

『ファインマン物理学』,坪井忠二訳



 
芸術・人文 ブログランキングへ

土曜日に代官山に行ってきました。
特に用事もなく大通りを歩いてると、おしゃれな本屋さんを発見。なんとそれが蔦谷書店だった。
TSUTAYAすらお洒落になる町、代官山・・・。

エリック・ジョンソンのCDとサリンジャーのナイン・ストーリーズを購入して、そのまま渋谷へ

お昼は友人に教えてもらったケバブ屋に入ってみた
が、チリソースしかなくヨーグルトソース派の自分はちょっと不満^^;

部屋に戻って買ってきた小説を開くと、不思議な内容の本で自分にはお手上げ状態。
最初の短編を読み終えたところで本を閉じ、PCを起動するのであった・・・



今日もPOEについて書くつもりだったのですが、完全なる思いつきにより変更
小説、『殺戮に至る病』 をテーマに記事を書きたいと思います。

412jvKUc2qL


「死にいたる病は絶望である」というのはキルケゴールの『死に至る病』からですが、この作品の題名はこれを元ネタにしてますね。

ちなみに僕は本家を読んだことがありません^^;

『殺戮に至る病』は小説家、シナリオライターの我孫子武丸さんによるミステリーです
我孫子さんは綾辻行人さんとかと同じ新本格派と呼ばれるミステリー作家の一人ですね。

我孫子武丸さんの文章は読みやすさに定評がありますね。
美しさとか格調だとか、そういのを抜きにしたら一番の文章かも?
僕の中ではキングオブ大衆作家、とても好きな小説家の方ですね。

さて、この『殺戮に至る病』ですが、この作品はとにかくグロいです。
ある殺人犯の視点から、決定的な瞬間まで描写しているのですが、とても生なましいです。
とりあえず以下抜粋

 透明な声をした女性歌手の声が部屋中に響きわたっていた。

 あなたの夢をあきらめないで
 熱く生きる瞳が好きだわ

 ぐうっというウシガエルのような声をあげると、女は彼の両腕を掴んで、ベッドから出ていた両足をばたばたさせた。スプリングがひどく軋むせいで歌声が聞き取れず、彼は苛立ちを覚えていることに気づいた。
 飛び出さんばかりに見開かれた眼球に浮いた静脈の青が、鮮やかで美しいと思った。彼女の身体が跳ねるのにつれて細く柔らかな髪の毛が乱れ、海草のようにゆらめいて見えた。彼が体重をかけると彼女の上半身は柔らかいベッドの中に深く沈み込んだ。

 あなたが選ぶすべてのものを
 遠くにいて信じてる
 
『殺戮に至る病』 我孫子武丸著


いやぁグロいっすね。
というか風評被害ですね。
完全に岡村孝子さんの『夢をあきらめないで』だよね。

この作品、結構この歌の持つイメージを使って成り立っている部分があります。
やり口はずるいけど、作品としてはとても面白いのでOKだと思っていますw

この作品はミステリーとしても、とてもうまい作品です。
多分、意味は読まないと分からないです。こちらで説明しようとするとネタバレになるので^^;

自分で読むまでは決して、情報を入れてはならない!ミステリの鉄則ですねw


今日の記事はここまでにしたいと思います

読了ありがとうございました。

 
小説 ブログランキングへ

今日はハインラインについて書きたいと思います。

僕が始めてハインラインの本を読んだのは14か15の頃だったと思います。 
その時読んだ作品が、日本において一番有名だと思われる傑作『夏への扉』でした。

ダウンロード


この作品は一種の復讐ものなんですが、全くそういう暗い雰囲気はないんですね。

主人公はダンという技師の青年なんですが、こいつが理系っぽい浮世離れした性格をしています。
言い方を変えれば、世間知らずで子供っぽいと言ったところでしょうか。

その性格が災いして、彼は冒頭においては人生のドン底に突き落とされていますw

しかし、ダンは生来のポジティブな性格と機転のよさで未来を切り開いていきます。
その姿が本当に痛快で、何度も何度も読み返してしまう作品です。

この作品にはペテロニウスという名前の猫が登場するのですが、この子がまた勇ましく愛らしい。
将来自分が猫を飼うとしたら、その名前はペテロニウスにすると当時心に誓いました。(残念ながら未だにその願いは叶えられていませんw)

ハインラインの書く作品の魅力の一つに彼の書く文章のユーモラスさがあります。次の会話は主人公のダンがバーのウエイターに注文を取り付けるシーン

「落ち着くんだピート」
「ナーオウ」
「何をいうか。我慢するんだ。首を引っこめろ、ウェイターが来る」
ピートは黙った。ぼくはテーブルごしに腰をかがめたウェイターを見上げた 。「スコッチのダブル一杯、水一杯、それにジンジャー・エールをひと壜」
ウェイターは目を丸くした。「ジンジャー・エールですって?スコッチにですか?」
「あるのか、ないのか」
「そりゃもちろんありますが・・・・・・」
あるなら持ってくるがいい。なにも飲もうというんじゃない。ただなめてニヤスカするだけだ。それから受け皿もいる」
「かしこまりました」ウェイターはテーブルの上を拭いた。「ステーキはいかがでしょう?でなければホタテガイなどがよろしゅうございますが」
「おい兄弟。そのホタテガイをおれに押しつけないと約束すれば、おまえにホタテガイ分のチップをやろう。おれのほしいのは注文したものだけだ。それと受け皿とだ」
ウェイターは仏頂面になって行ってしまった。 

『夏への扉』ロバート・Aハインライン著、福島正実訳



ここまで『夏への扉』について書いてきましたが、この作品はハインラインの作品郡の中だと少し異質だと語られることの多い作品でもあります。
ハインラインの作品といえば緻密な計算に基づいた構成と、科学的な考察がきちんとなされている(もちろんSF的に)ことで定評があるのですが、この作品においてはその部分が多少おろそかになっています。
そういった堅苦しい部分に多少目をつぶって、徹頭徹尾エンタメであることに挑戦したのがこの『夏への扉』なのでしょうね。

さて、そのハインラインの緻密さが反映されている作品ですが、これは『輪廻の蛇』という短編集を読むとよく味わえると思います。特に表題作の『輪廻の蛇』がおすすめですね。

_SX335_BO1,204,203,200_


この作品についての感想は即刻ネタバレにつながるのでここでは割愛w

もしこの記事を読んで興味を持ってくれた人がいたならば、『夏への扉』から読むといいと思います。 
一度彼の本を手に取れば、しばらくハインラインの世界から抜け出せなくなるでしょうw


Poeの話 

KARATYさんはなんとレベル9でハードコアから脱落

ハードコア終了
 
さすがに早すぎるので最初からやり直そうかとも思ったんですが・・・

そういうのは男らしくないからね!

2つのスキルmolten shelとfire totemを新たに実戦投入

molten shel

molten shel
KARATYさんの周囲の炎がバリアーとなりアーマーを増加。また直に触れた敵に対してダメージも与えるっぽいです。

画像はちょっと保存に失敗してます><

fire totem

fire totem
敵に対して自動で火炎球を放って攻撃してくれるtotemを出現させるスキル。
主として、緊急時に逃げうちをするときに役に立ちます。

画像の通りまだまだKARATYさんの装備が貧相ですw
はやくカッコいい鎧とか着せてあげたいです。(あとカッコいい帽子)

長くなりましたが、今日の記事は以上で。

読了ありがとうございました。 

 
ゲーム ブログランキングへ

小説のジャンルの中でSFものというのがあります。
日本でもそれなりに需要があるジャンルで僕も昔から好んで読んできました。

「時をかける少女」や「タイムマシン」など誰でも一度は触れたことがあるんじゃないかな? 


そのSFですが、日本では近年ライトノベルというくくりで書かれることが多くなっていました。

ライトノベルというのは中学生から高校生あたりの十代の皆さんをターゲットにしたジャンルで、アニメっぽい挿絵を多用しています。

アニメの世界がSFの主戦場の一つになったのは結構昔のことだから、この流れも自然なことだったのかもしれませんねw


しかし、僕はこのせいで2000年代からの日本のSFに触れる機会が減ってしまっていました。

アニメっぽい表紙のライトノベルですが、その絵がちょっとHなんですよねw

家族の目が怖くて、本棚に並べる勇気がなかったのです。


 先日、近所の古本屋に行ったときにこんな本を見つけました

61HZC9X-JqL
アニメテイストだけどHではない!

400円と古本にしては高かったのですが、状態も良かったのですぐ購入を決意しました。


一冊を読み通してみて特に印象に残ったのが、長谷敏司さんの『地には豊穣』

この方は『円環少女』(サークリットガールと読む)という作品を角川スニーカー文庫から出版されているSF作家だそうです。

この『地には豊穣』ですが、これがしっかりとした面白い作品でした。

テーマはずばりナショナリズムについて!

昨今、大きく世の中でとりあげられている問題ですね。
すぐ目の前にあるテーマに対してSFというジャンルを通して力強くアタックしています。

まぁ、実際はそんなことはどうでもいいのですw

この作品は風景の描写がとても優れていたように感じました。
物語のクライマックスで描かれる桜の姿に、ただ感動してしまいます!

美しいものって、素晴らしいよね・・・

まとめると、最近の日本のSFも素晴らしい作品があるな、ということ。
あと、食わず嫌いは良くないね、っていうことw

本棚にこれでもかってくらいラノベを並べてやるぜ!


最後に現在のmiyauchiのステータスを

poe duelist10



次回は再びPOEについて、スキルジェムと装備関係のことについて書きたいと思います。

読了ありがとうございました。
 

ゲーム ブログランキングへ

↑このページのトップヘ