SnapCrab_NoName_2016-10-31_5-55-18_No-00

6日目、桜の花びらが舞う中畑を少し拡張しました。
Parsnipの種を15個植えて、畑の周りを木の足場で囲っています。

はっきりとした目標を作りにくいゲームなので、自分で雰囲気を整えていくのが楽しむコツだと思います。


SnapCrab_NoName_2016-10-31_5-56-19_No-00
 
ポストに奇妙な手紙が。

西の森の湖の塔に住んでいるというM・ラスモデウスから。
この人wizardを自称しているのですが・・・^^;
Mr.マリック的な人でなければいいがw

世界観が崩れる(広がる?)のを感じながら西の森へ向かうDaigoro

SnapCrab_NoName_2016-10-31_5-58-14_No-00
 
真理の探求者ラスモデウス登場!

結論から言うと、この人マジで魔法使いでした。
瞬間移動したり、妙な幻を見せたりとやりたい放題ですw

集会所の謎を解明するのに協力してくれることに。
彼の怪しげな魔法によって石版の文字が読めるようになります。 

SnapCrab_NoName_2016-10-31_6-4-29_No-00
 
石版に刻まれたアイテムを決まった数お供えすると、その報酬をくれるとのことでした。

さっそく春の採集物セットをお供えして、報酬に種を30個いただきました。 
採集物4個→種30個なので相当割りの良い取引ですね。


7日目

SnapCrab_NoName_2016-10-31_6-18-15_No-00

報酬にもらった種を植えるのに、畑をさらに拡張。
これだけ広がると朝の水やりも大変になってきます。

SnapCrab_NoName_2016-10-31_6-24-39_No-00
 
町の雑貨屋に張ってある掲示板で住民の誕生日とイベントの日付を確認できます。
springの7日目は町長の誕生日みたいです。

SnapCrab_NoName_2016-10-31_6-24-12_No-00

とりあえず貝殻をプレゼントしました。
あんまりうれしそうな顔ではないですね^^;


この後は10日目までたいした出来事もなく終了。

のほほんと釣り糸を垂れながら、少しずつ資産を増やしている最中です。

一日の時間が限られているので、住人とのコミュニケーションと畑仕事を高いレベルで両立するのは厳しいです。
あっちを立てればこっちが立たずといったかんじですね。 
ゲームバランスとしては良い所を突いているのかなと思ってます。 


今回の記事は以上で。

また次回お願いします。



ゲームプレイ日記 ブログランキングへ