小説のジャンルの中でSFものというのがあります。
日本でもそれなりに需要があるジャンルで僕も昔から好んで読んできました。

「時をかける少女」や「タイムマシン」など誰でも一度は触れたことがあるんじゃないかな? 


そのSFですが、日本では近年ライトノベルというくくりで書かれることが多くなっていました。

ライトノベルというのは中学生から高校生あたりの十代の皆さんをターゲットにしたジャンルで、アニメっぽい挿絵を多用しています。

アニメの世界がSFの主戦場の一つになったのは結構昔のことだから、この流れも自然なことだったのかもしれませんねw


しかし、僕はこのせいで2000年代からの日本のSFに触れる機会が減ってしまっていました。

アニメっぽい表紙のライトノベルですが、その絵がちょっとHなんですよねw

家族の目が怖くて、本棚に並べる勇気がなかったのです。


 先日、近所の古本屋に行ったときにこんな本を見つけました

61HZC9X-JqL
アニメテイストだけどHではない!

400円と古本にしては高かったのですが、状態も良かったのですぐ購入を決意しました。


一冊を読み通してみて特に印象に残ったのが、長谷敏司さんの『地には豊穣』

この方は『円環少女』(サークリットガールと読む)という作品を角川スニーカー文庫から出版されているSF作家だそうです。

この『地には豊穣』ですが、これがしっかりとした面白い作品でした。

テーマはずばりナショナリズムについて!

昨今、大きく世の中でとりあげられている問題ですね。
すぐ目の前にあるテーマに対してSFというジャンルを通して力強くアタックしています。

まぁ、実際はそんなことはどうでもいいのですw

この作品は風景の描写がとても優れていたように感じました。
物語のクライマックスで描かれる桜の姿に、ただ感動してしまいます!

美しいものって、素晴らしいよね・・・

まとめると、最近の日本のSFも素晴らしい作品があるな、ということ。
あと、食わず嫌いは良くないね、っていうことw

本棚にこれでもかってくらいラノベを並べてやるぜ!


最後に現在のmiyauchiのステータスを

poe duelist10



次回は再びPOEについて、スキルジェムと装備関係のことについて書きたいと思います。

読了ありがとうございました。
 

ゲーム ブログランキングへ


「男なら、危険をかえりみず、死ぬと分かっていても行動しなくてはならない時がある。負けると分かっていても戦わなくてはならない時がある」

poe duelist2


嘘っぱちだね!

人間危ないと思ったら逃げるべきです。どうしようもないからね。



Poeには大きく2つのモードがあります。

①スタンダード:死んでも特にデスペナルティはなし。あたって砕けろ

②ハードコア:死ぬと強制的にスタンダードに移行される。ハードコアクリアの為にはノーミスでクリアする必要があり


このゲーム、ちょっと判断を誤ると即死するのでハードコアクリアは相当難しいです。
まぁ、コアな方以外はほぼ無視でいいと思いますが。


パッシブスキルツリーについて

前回の記事だと早足の説明になったので補足

poe duelist4

これがパッシブスキルツリーです。まんまスフィア盤ですね。
光っている部分が取得されたパッシブスキルです。まだ手探りなのでバランス良く取得しています。


もっと高い視点から見たスキルツリー像

poe duelist5


 ・・・うん。

大きすぎますねw


ちなみに先の画像の部分は画面下に見切れています。これでも全体の半分くらいしか写せていません。 
クリアまでに取得できるスキルポイントがいくらあるかわかりませんが、とても全てを取得することはできないでしょう。

 スキルツリーの中の7つの大きな円がプレイヤキャラクター毎の出発地点。
見ての通り他のキャラのエリアにも進出することもできます。色んなビルドを想像してるとワクワクします。


中心のキマリ枠はact3までクリアすると使用できるようになる隠しキャラです。
器用貧乏臭がすごいです。


現在のduelist:miyauchiのステータス

poe duelist3

 文字が細かすぎてほぼ何も分からないと思われるw


Poeの魅力を少しでも伝えられていたら幸いです。
そしてもっと日本人プレイヤー増えて!


今回はこのあたりで。



ゲーム ブログランキングへ

知人のブログが面白く、それに触発されてのブログ開設(笑)

長く続けて多くの文章を綴れたらいいなと思います


第一回はsteamで販売されている無料オンラインゲームpath of exileについて


・・・無料のゲームを販売ってのはちょっとおかしいかな?

まぁそんなことはおいといて、このゲームはdaiblo2そっくりのアクションゲームです。
ひたすらキャラビルドとトレハンを楽しむゲームですね。
昔のゲームで例えるとwizardryみたいな面白さ。
 
個人的な評価だと☆5つの出来だと思いますね。
現在一番ハマッているゲーム

以下良い点悪い点について

良い点

・スキルツリーが巨大

・レアドロ集めが楽しい(それほどマゾくない)

・低スペックでもグラフィックいじれば問題なく遊べる

悪い点

・アクティブスキルがFF7のマテリアみたいなシステムで運用されるので、職毎の個性が多少死んでいる(特に序盤)

・日本語対応しておらず、日本人プレイヤーも少ない ※チャットは日本語に対応しています

・多少のゴア表現がある


とまぁ、こんな感じですかね

たいしたことは書けませんでしたが、無料なのでとりあえずプレイして自分で見極めればいいと思います(笑)


ちなみに自分は、現在二刀流プレイでダンジョンにもぐってます。

・・・二刀流って、ロマンだよね!


短くなりましたが第一回はこのあたりで、

読了ありがとうございました!


↑このページのトップヘ