土曜日に代官山に行ってきました。
特に用事もなく大通りを歩いてると、おしゃれな本屋さんを発見。なんとそれが蔦谷書店だった。
TSUTAYAすらお洒落になる町、代官山・・・。

エリック・ジョンソンのCDとサリンジャーのナイン・ストーリーズを購入して、そのまま渋谷へ

お昼は友人に教えてもらったケバブ屋に入ってみた
が、チリソースしかなくヨーグルトソース派の自分はちょっと不満^^;

部屋に戻って買ってきた小説を開くと、不思議な内容の本で自分にはお手上げ状態。
最初の短編を読み終えたところで本を閉じ、PCを起動するのであった・・・



今日もPOEについて書くつもりだったのですが、完全なる思いつきにより変更
小説、『殺戮に至る病』 をテーマに記事を書きたいと思います。

412jvKUc2qL


「死にいたる病は絶望である」というのはキルケゴールの『死に至る病』からですが、この作品の題名はこれを元ネタにしてますね。

ちなみに僕は本家を読んだことがありません^^;

『殺戮に至る病』は小説家、シナリオライターの我孫子武丸さんによるミステリーです
我孫子さんは綾辻行人さんとかと同じ新本格派と呼ばれるミステリー作家の一人ですね。

我孫子武丸さんの文章は読みやすさに定評がありますね。
美しさとか格調だとか、そういのを抜きにしたら一番の文章かも?
僕の中ではキングオブ大衆作家、とても好きな小説家の方ですね。

さて、この『殺戮に至る病』ですが、この作品はとにかくグロいです。
ある殺人犯の視点から、決定的な瞬間まで描写しているのですが、とても生なましいです。
とりあえず以下抜粋

 透明な声をした女性歌手の声が部屋中に響きわたっていた。

 あなたの夢をあきらめないで
 熱く生きる瞳が好きだわ

 ぐうっというウシガエルのような声をあげると、女は彼の両腕を掴んで、ベッドから出ていた両足をばたばたさせた。スプリングがひどく軋むせいで歌声が聞き取れず、彼は苛立ちを覚えていることに気づいた。
 飛び出さんばかりに見開かれた眼球に浮いた静脈の青が、鮮やかで美しいと思った。彼女の身体が跳ねるのにつれて細く柔らかな髪の毛が乱れ、海草のようにゆらめいて見えた。彼が体重をかけると彼女の上半身は柔らかいベッドの中に深く沈み込んだ。

 あなたが選ぶすべてのものを
 遠くにいて信じてる
 
『殺戮に至る病』 我孫子武丸著


いやぁグロいっすね。
というか風評被害ですね。
完全に岡村孝子さんの『夢をあきらめないで』だよね。

この作品、結構この歌の持つイメージを使って成り立っている部分があります。
やり口はずるいけど、作品としてはとても面白いのでOKだと思っていますw

この作品はミステリーとしても、とてもうまい作品です。
多分、意味は読まないと分からないです。こちらで説明しようとするとネタバレになるので^^;

自分で読むまでは決して、情報を入れてはならない!ミステリの鉄則ですねw


今日の記事はここまでにしたいと思います

読了ありがとうございました。

 
小説 ブログランキングへ

こないだ近所の公園でハーモニカの練習していたら、綺麗なお姉さんに声をかけられちょっとドキドキ。

楽しく会話を続けていると、砂場からお姉さんを呼ぶ女の子の声が・・・

人生そんなにうまくいかないよねw


 
久々にPOEネタを。
KARATYさんもレベル16になり、遂にact1のボスmerveilに挑むことになりました。

???「act1のボスやし、適当にスキル連打しときゃ勝てるやろww」

ground slumとmolten strikeを引っさげて、軽ーくmerbeilに特攻! 


Merveilに敗北
 


強えええええ!?

前にmiyauchiで挑んだ時はゴリ押しで突破できたのに・・・

まあ、理由は明白です。
templerは物理魔法両方のパッシブを取得できるのですが、自分が本当に両方を取得しようとしたのが失敗。
どっちつかずの能力になってしまい、KARATYさんが貧弱なキャラに育ってしまったようです・・・ 


といってもリセットする気もさらさらないので、レベリングしてKARATYさんを強化することにしました。


洞穴へ

ブラブラしていると都合のいいものを発見。

これは、フィールド上に偶に生成される高難易度MAPの入り口ですね。
敵が多少強くなる代わりに、補正の良いアイテムが落ちる等の特典がつきます。
最深部まで攻略できればvaal skill gemという強力なgemを入手することができます。

というわけで突入!

vaal gem

特に語るべき点もなくvaal gemをゲット。

このvaal reaveについての説明をwikiより抜粋

広い範囲を異なる方向に繰り返しattack(攻撃)する。
敵1体に Vaal Reave がヒットするごとに
area of effect(効果範囲)は増加する。
範囲はヒットしないで短時間経過後にリセットされる。

要するに、範囲内にいる敵全員に通常攻撃をヒットさせるようになる結界をつくりだすというskillのようです。

しかしdexが足りず装備できない。
このジェムはお蔵入りすることになりました。


vaal reaveを倉庫にしまうために一旦街へ帰還。

そこでdecoy totemというskill gemの存在に気付く。
このdecoy totemってのは自分の身代わりになるdecoyを作り出すskillです。

これは使える!


2回目のmerveil戦へ突入

decoy totem


・・・うん、もっといいスクショがとれれば良かったね。
上のスクショだと分かりにくいですが、decoyはしっかりmerveilの注意を引き付けてくれています。

merveilの背中ががら空きになったところで、ひたすらmolten strikeを連打!

merveil 撃破!

無事merveilを撃破することができました。ついでに新しいユニークアイテムもドロップ

wanderlust

非常に強力なアイテムだ!
しかし、witch用のアイテムだ!

こんなんばっかりですね^^;


なんとかact1をクリアできました。
act2からはもっと強力なアイテム、ジェムが手に入るので楽しみですねー


今回の記事は以上で

読了ありがとうございました。 
ゲーム ブログランキングへ

現在世間で将棋界のことが大きく取りざたされています。

問題の中心にある三浦弘之九段は僕の好きな棋士の一人です。

佐藤康光九段と彼の対局の棋譜を紹介しようと思っていたのですが、現状この問題がどのような展開を見せるか分からないので今回は見送りたいと思います。



さて、steam本アカが復旧したので何か一本ゲームを買うことにしました。
1時間ほどウィッシュリストとにらめっこをした後に片道勇者plusを購入。
冒険開始!

steamで本体と拡張DLC合わせて980円にて購入できます。
セールを待てばもうちょっと安くなるかも?

このゲームは有名なフリーゲーム片道勇者に多くの追加要素を加えた作品です。
片道勇者plusはローグライクというジャンルのゲームです。シレンとかトルネコとかのアレですね。

フリーゲームが元なだけあり、テキストやゲームシステムに独特のセンスを持ったゲームです。
そういう意味では人を選ぶゲームかもしれません。

うだうだ説明してもあれなのでとりあえずプレイ開始

miyauchi6

クラスは剣士、特徴は必殺全振りでスタートすることに。
名前がmiyuchi6なのは既に5キャラで攻略失敗しているからw
(本当はmiyauchi6とする予定だったのですが、タイプミスでmiyuchi6さんに。プレイ中、全く気が付かなかった)

キャンペーンマップ

続いて冒険の舞台となる世界を選択

世界の名前がパスワードとなって、生成されるフィールドの形を決めます。
が、名前を考えるのがめんどくさいので今回は配信されているキャンペーンマップへw

ゲーム開始


実際のゲーム画面はこんな感じ
歩いたり武器を振ったりする毎にターンを消費して、画面左端の「闇」が迫ってきます。
「闇」に飲み込まれたら即ゲーム終了なので逃げつつ先へ進むことになります。

左下の犬?の絵のあたり、作者のセンスが光ってますねw

ネムリ

キャンペーンマップの特権でいきなり仲間を確保

このネムリというキャラはかわいらしいので僕の一押しですw

・・・の、はずが

何・・・だと・・・?


フィールド上の仲間を連れて歩くためには魅力ステータスを消費する必要があります。
これはレベルアップやアイテム使用で獲得できるのですが、今回はそのことを失念していました。

ごめんなさい

こちらの勧誘に、ちょっと引きつつ拒否するネムリさん・・・。

リセットするのもアレなので、このままゲーム続行することにしました。

ちなみに初期特徴で魅力上昇をとっていれば問題なく仲間にできます。フィールド

フィールド上にはこのようにモンスターやアイテムが存在しています。

プレイヤーは闇に飲み込まれないように、これらを撃破し取得していくことになります。魔王登場

しばらくターンが経過すると魔王が登場。

このゲームでは、魔王が勇者を倒しにやってくるのですw
もちろん低いレベルの間は勝ち目がないので必死になって逃げることになります。

魔王退散


しばらく逃げ回っていると、どこかで聞いた捨て台詞とともに去っていく魔王

「闇」から逃げながら強くなって魔王を打倒するのがこのゲームの目標になります。

ゲームオーバー

しばらくプレイは続いたのですが、3度目の魔王出現の時に油断してしまいゲームオーバー

断末魔とともにmiyuchi6の冒険は幕を下ろしました。

評価

ゲームオーバーすると冒険のスコアが表示されます。

この画面では、スコアに応じて獲得できる伝説ポイントを消費して、ゲームクリアに役立つ様々な特典を獲得できます。

僕のような下手なプレイヤーへの救済措置ですね^^;


以上が片道勇者plusのざっくりとした紹介でした。
作者のsilver wolfさんのHPからフリーゲーム版をダウンロードできるので、気になった方はまずそちらから。

そのうちクリアした様子を記事にできるよう頑張りたいと思いますw


今回の記事はこのあたりで。

読了ありがとうございました。


ゲーム ブログランキングへ

↑このページのトップヘ