MMOの話
基本無料のMMOってありますよね。
インストールしてプレイするのは無料だけど、お金を払うことによってゲームプレイが有利になるというアレです。
僕はちょっと課金するタイプのプレイヤーで、武器やステータスに関係するアイテムを買うことはないけど、キャラクター枠の増加やインベントリの増築にはお金を払います。


僕がMMOをプレイする目的は、実生活と全くコミュニティをゲーム内で築くのが楽しいからです。

例えば、ギター教室に通うとして、そこに集まる人って職場(学校)で空間を共有している人々とまた違った感性を持ってますよね。
そうやって気軽に新しい友人を得られるのが楽しい。
プレイしたことない人からすると、ちょっと不健康に思われるかもしれないけど(笑)

だから、本当はゲーム内のフレンドとオフ会なんかに行って、一緒にお酒を飲んだり釣りをしたり、そういったこともしたいなって、思うこともあります。

だけど、MMO内でのコミュニティをゲームの外に持ち出すのを嫌うプレイヤーも多いから、そういう人を気遣って言葉に出しません。

思い出のプレイヤー
前にとても仲の良いフレンドがいました。
その人は所謂ヒーラーをしている人で、ギルドには属さずにプレイしていました。

僕が声をかけると、都合のつくときはいつも一緒にプレイをしてくれて、二回目になるけど、とても仲が良かったんですね(笑)

ある日ふと思いついて、その人を僕が所属していたギルドに誘いました。その人は二つ返事で了解してくれて、晴れて同じギルドの一員になりました。

しかし、僕と合うからって、僕の所属しているギルドの人たちとも合うとは限らない。
色々いざこざがあって、結局その人はギルドを抜けて、ゲームの中にも姿を現さなくなりました。

僕は「悪いことしちゃったな」と思い、一言謝りたかったのですが、所詮ゲーム内でのつながりなので連絡をとる方法もなく、なんとなく暗い気持ちになっていました。


それから2週間ほど後、その人がまたinしました。

僕がなんと声をかけようか迷っていると、その人から無言でPTの申請がきました。
僕はその申請を受け、その人と会話しました。

そのゲームを引退しようということと、ギルドの人達にうまく取り繕っていて欲しいということを伝えられ、僕は「わかりました。」と返事をしました。

それでは、とその人がログアウトしようとした時に、我慢できなくて、僕は一言声をかけました。

「〇〇さんとプレイしてた時間は本当に楽しかったです。ありがとうございました。」

キーを打ってから、ひどいな、と思いました。さすがにクサすぎますね(笑)
ですが、

「それは、私も同じさ。」

と返事をしてくれました。

その人とはそれっきりです。


こうやってMMOで知り合った人というのは、あっけなく別れてしまうものです。
連絡先も顔もわからないし、せいぜいがスクリーンショットを見て懐かしむ程度です。

それでも、例えば子供の頃の記憶みたいに、たまにその人や出来事のことを思いだすんですね。




今回は以上で!

読了ありがとうございました。

『狂人の手記』について
岩波文庫からでている『ディケンズ短編集』を読みました。
前回チラっと紹介した奇妙な依頼人を読んでみようと借りてきたのですが、結構つらかったですw
面白い話とつまらない話の落差がひどくて、途中2回ほど寝てしまいました。

表紙の紹介文にも載っている『狂人の手記』が面白かったです。
主人公の狂った人間の1人称で書かれているのですが、この狂い方というのが微妙なんですね。
それほど正常な人と変わらない調子でしゃべるので、ついつい狂人だということを忘れがちです。そういう効果を狙って書いた(訳した)のでしょうか?

狂人と一般人の境目ってなんだろう?(問題提起風)


究極の侵蝕について
突然ハースストーンのお話。
半年ほど休止していたのですが、友人が実はハースストーンのプレイヤーだったことが発覚し、誘われたので復帰。
愛用のミッドレンジウォリアーデッキでランク戦に挑んだのですが、翡翠ドルに究極の侵蝕を使われ惨敗。

カード効果を見て一言。

「ブリザードはご乱心してしまったのか???」

終盤の入り口当たりでこれを出されるときついですね。
最初はカードパワーに驚いて「こんなんナーフだろ?」とか思ってましたが、マナコスト10ということで、バランスとれてるのかな?
個人的には文句しかありませんがw

それよりアジュアドレイクのワイルド行きが悲しい;;



今回は以上で。

読了ありがとうございました。

料理について
近頃料理をすることが多いです。
一人だと作る気にならないのですが、一緒に食事をする人がいると頑張って作っちゃう。
親しい人と食事をするときは、外食よりも家でゆっくりと手料理を食べる方が好きです。

好評だった料理を一つ紹介。

手羽先のから揚げのレモンソースかけ

①手羽先に酒で下味を付けておき、から揚げにする。
②油大匙2をフライパンに熱し、レモン汁半分、砂糖大匙1、塩小さじ1、片栗粉小さじ1を加えてレモンソースを作る。
③②を①にかける。

ポイントは、①で片栗粉をつけすぎないこと。衣が薄い方が、ソースに合います。


レシピについて詳細な質問がありましたら、コメントでどうぞ。


きくドラについて


きくドラというウェブサイトを知っているでしょうか?
「きくドラ!~ラジオドラマで聴く名作文学~」はその名の通り名作文学を朗読してくれているサイトです。
世界の様々な文学作品が10分ほどのラジオドラマになっています。
「文字を読むと眠くなっちゃう!」という人でも、名作と呼ばれる物語をサックリ楽しめちゃいます。
ドイルやクリスティの作品もまとめられており、ミステリファンも楽しめますよ!

以下は僕がきくドラで聴いたうちで特に面白かった物語です。
・モーリス・ルブラン『ルパン~カリオストロ伯爵夫人~』
・ディケンズ『奇妙な依頼人』
・チェーホフ『犬をつれた奥さん』
・コナン・ドイル『緋色の研究』
・オスカーワイルド『ドリアン・グレイの肖像』
・エドガー・アラン・ポー『ホップフロッグ』
・アレクサンドル・デュマ『岩窟王』

偏ってますねw

音声のダウンロードもできるので、通勤中にでも試しに聴いてみてくだいさい。

今回は以上で。

読了ありがとうございました。












↑このページのトップヘ